大槌復興刺し子プロジェクト > スタッフブログ > 大槌レポート 第8弾 お隣町の釜石と大船渡を繋ぐ、南リアス線をご紹介!

みなさん、NHKで土曜の夜に3回にわたって放送されたドラマ「恋の三陸 列車コンで行こう!」はご覧になりましたか?
今日は、そのドラマの舞台にもなった“南リアス線”をご紹介します。

南リアス線は大槌の隣の釜石市と大船渡市の沿岸部を繋ぐ電車です。
あまちゃんで有名になった北リアス線の姉妹路線で、同じ第三セクターで運営をされています。

始発駅から終点までおよそ50分と比較的路線は短く、列車の本数も一日9本程。
列車の大きな窓からは、一面に広がる海と岩手の美しい自然が楽しめ、コトコトとゆっくり走ります。

車両も1~2車両であり、何とも、ローカル感のあふれる列車なのです。
この南リアス線には、なんとレトロ調の車両があります。

この車両では、シーズンに合わせて様々なイベントが行われており、色々な地元の企業さんともタイアップしていて、今人気の、列車旅がお手軽に楽しめる企画が満載。

昨年の桜のシーズンに、私は釜石の酒蔵「浜千鳥」さんが列車を貸し切って主催したイベントに参加してきました!
出発の釜石駅を過ぎると、さっそく満開の桜がお出迎え。

社内では、フレンチ風のお弁当と、釜石のお菓子メーカーさんのデザートが楽しめ、なんと浜千鳥の日本酒は飲み放題。
いろんな種類が楽しめ、何を飲んでも美味しかった~

(浜千鳥さんが主催されるイベントは定期的にあり、イベントによって趣旨趣向が様々とのこと!こっちも要チェック!!)

今週末(3/19)には、ドラマのオマージュ企画として、三陸鉄道と大船渡市のタイアップで、『三陸列車で合コン~恋し浜で素敵な出会い~』が開催される予定とのこと!
なんだか、ロマンチック!

余談ですが、この列車、誰でも貸切も可能とのこと。

いつか、刺し子さんたちともこの列車旅ができたら素敵!!
皆さんも、ご招待したいです!

年・月で探す
記事カテゴリーから探す
執筆者で探す
キーワードで探す