大槌復興刺し子プロジェクト > スタッフブログ > 伝統柄バッグの特注品がお客さまのもとへ

皆さんこんにちは

今週の火・水曜日の刺し子会もとっても賑やかで元気な刺し子さんが集まり

これからの梅雨時期のジメジメも吹き飛ばすことができそうです。

 

さて今日のブログは

4月にご注文をいただいていた、伝統柄バッグが完成し、無事お客さまのもとへ

お届けすることができました。

 

バッグの形や持ち手の感じなど、全てお客さまからのご希望にあわせて

作った、世界で一つだけのバッグとなりました✨

 

バッグの縫製をしてくれた刺し子さんのひとり、釜石さん!

縫製会社に勤めていたこともあり、私達スタッフは、いつも釜石さんへ頼りっぱなし。

 

「きちんとお客さまの希望通りに作れるかなぁ」と心配し、出来上がるまでの間、

刺し子の講師をしてくれている二ッ谷さんに相談しながら、

釜石さんには、何度も事務所に足を運んでもらい、一つ一つ確認しながら進めてきました。

そんなバッグがついに完成し、お客さまへお届けすることができました。

お客さまから

「希望通りの形に仕上がっていて、とても感激している」とお褒めの言葉も頂きました。

 

喜んでいただけてとても嬉しかったです。

釜石さんは、作っている時、「本当にこれで大丈夫かな」と不安になることもあったそうですが

お客さまの感想を聞き、とてもホッとしたようです。

 

これからもどんどん色々な物づくりにチャレンジして、

もっともっと刺し子さんの自信につながっていけばいいなと思いました。

 

 

スタッフ 加奈子

年・月で探す
記事カテゴリーから探す
執筆者で探す
キーワードで探す