大槌復興刺し子プロジェクト > スタッフブログ > 学生による「東北・大槌町復興取材ツアー」

皆さん、こんにちは

 

先日のことです。

「東北・大槌町復興取材ツアー」として東日本大震災から7年経った今、復興とともに歩み続ける人たちの強さや優しさ、

希望を遺してゆきたいと考えたために企画されたこのツアー。

大槌町のPR活動に取り組んでいる学生さん達が、刺し子さんへの取材をしたいと、大槌刺し子事務所に足を運んでくれました。

刺し子さんとお茶っこを楽しみながら、震災当時の事や今の刺し子のお仕事についてなど、刺し子さんと色々なお話をしていかれました。

刺し子さんの大澤さんがいつも差し入れしてくれる蒸しパン「がんずき」と「くるみっと」!

学生さん達、「シフォンケーキですか~?」と

まあ、オシャレに言えば、田舎のシフォンケーキのようなもの⁉

「うまっ!」「やば!うまっ!」「美味しい~!!」の連発。

 

喜んで食べてくれたので、大澤さんも嬉しかったようです。

大澤さんの作るがんずきは、いつもふわふわしていて、とっても美味しいんですよ♡

一個残った、くるみっとを最後はじゃんけん勝負。

必死!

そんなに・・・

残ったがんずきも、もちろんお持ち帰り。

 

刺し子商品なども興味を持って見てくれました。

そして大槌刺し子でおすすめしているのが、伝統柄サコッシュをかけてもらい写真をパチリ✨

私達スタッフでは出せないこの雰囲気、やはりモデルさんが良かったです。

若い人が持った感じも素敵でした。

 

毎回思う、「若いっていいなあ」と・・・(^_^;)

 

今回の復興取材ツアーでは、

自然いっぱいの大槌町や、復興の今を前に向かって進んでいる方達への取材をし(その一つに大槌刺し子プロジェクトも)

この大槌町の魅力を、若い世代へ伝えることを目的としたプロモーションビデオも制作するとのことでした。

 

このように大槌町の現状に注目し、それを自分たちで企画し、世に伝えるといった活動に、

私達、地元の人達は何ができるのだろうか?と考えさせられる日になりました。

本当にありがたいことだなと感じました。

ビデオの完成が楽しみです。これでもっともっと大槌町の魅力を知ってもらえたら嬉しいです。

大槌町に来てくれて、応援してくれて本当にありがとう!

 

 

スタッフ 加奈子

 

 

 

年・月で探す
記事カテゴリーから探す
執筆者で探す
キーワードで探す