大槌復興刺し子プロジェクト > スタッフブログ > 大槌刺し子、曼荼羅模様の刺し子に挑戦です

私たちたちが今回挑戦している刺し子は、曼荼羅模様。

この作品をつくる事になった経緯は、大槌刺し子の運営元であるテラ・ルネッサンスの創設20周年記念事業[第一弾]として、チャリティーオークションを開催することになったからです。

この『曼荼羅』刺し子を提案してくださったのは、ずっとテラ・ルネッサンスの活動について気にかけてくださっていて「何を出品したらテラ・ルネッサンスの皆を応援することができるのか」と今回のチャリティーオークションへ賛同してくださった、森友嵐士さん(T-BOLAN)です。

この話を聞いたときは、あのT-BOLAN?と正直びっくりで信じられない気持ちでした。「こんな機会はなかなかないし、良いものに仕上げよう!最後まで頑張ろう!!」とも思いました。森友さんとは、鬼丸とスタッフ吉田が打ち合わせを重ね、刺し子サンプルを見て検討し合い、製作開始となりました。

私達はこのような柄に刺し子をすることは初めてなので、スタッフ、刺し子さんの良い経験になると思います。とてもドキドキ、ワクワクで出来上がりが待ち遠しいです。

 

下書きは慎重に!!

そしていよいよ刺し子さんへバトンタッチです。刺し子さんの刺し子の進捗状況もお伝えできればと思っていますので、楽しみにしていてください!

 

大槌刺し子の運営元であるテラ・ルネッサンスの創設20周年記念事業「第一弾」チャリティーオークションの内容もぜひご覧ください。おかげさまで、趣旨に賛同して、#紺野美沙子さん(俳優・UNDP親善大使) / 染谷 西郷さん(FUNKIST)/#瀧本美織さん(俳優)/廣瀬俊朗さん(元ラグビー日本代表)/森友嵐士さん(T-BOLAN)などが参画くださいました。

昨年から続く、全世界的な新型コロナウイルスの蔓延により、希望の光が見えにくい現在。
そのような中で、過去の傷を抱えながらも、生き生きと自立への道を歩む元子ども兵たちの姿があります。
支援を集めるだけでなく、その姿をより多くの日本の方々に知っていただき、「今を生きる」励みになりたいという願いとともにこのチャリティーオークションを実施いたします。
チャリティーオークションの売上金額は、全て同会が実施する元子ども兵社会復帰プロジェクトをはじめとする紛争や災害で被害を受けた方々の支援活動に活用されます。
【出品期間】
2021年4月15日(木) ~5月12日(水)  ※一つの品物につき、出品期間は1週間です。毎週、数点ずつ出品します。
スタッフ 加奈子
年・月で探す
記事カテゴリーから探す
執筆者で探す
キーワードで探す