大槌復興刺し子プロジェクト > スタッフブログ > 雑誌「Hanako(ハナコ)」に掲載いただきました

皆さんこんにちは

 

はやいところではもう梅雨に突入した地域もあり、コロナ禍、梅雨時期、ますます何をして過ごそうか考えている方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、大槌刺し子花ふきん刺し子キットの「みやびふきんキット~変わり花十字~」!!からのオススメするのは、お家でゆっくり刺し子ができる、針に糸をとおし、刺し進めているとき、出来上がったあとに、大切に使うとき、 いつも穏やかで優しい気持ちになりますように。

そんな願いを込めた大槌刺し子花ふきんキットです。

 

生成りの自然な色の晒に、ログウッドブルー、ベージュグレー、ラベンダーパープルの3色の糸をご用意。どの色も上品で、心落ち着く色合いは、化学染料とは違い、手仕事で染めれた草木染めの糸を使用しているからです。

また、「変わり花十字」という柄は、運針で規則的に刺していくだけで華やかな柄が刺せるので、初心者の方にも刺しやすい柄です。

この大槌刺し子の花ふきんキットを、マガジンハウスが月刊発行しているライフスタイル情報誌「Hanako(ハナコ)」に掲載いただきました。

「日本の暮らしに馴染むクラフトに触れる」日本の暮らしと文化を守り続ける工芸品として、紹介してくださっています。

大槌刺し子のほかにも、その土地ならではの文化、工芸品が取り上げられていてます。

初めての方もそうでない方も是非この機会に刺し子にチャレンジし、手づくり、手仕事の楽しさを感じてみませんか。

刺し子が完成したら、大切な方への贈り物にしてもいいと思いますし、箱膳や供え物台、ティーポットにかけたり、インテリアの飾りとしても素敵ですね。

 

内容については、こちらをご覧ください。

雑誌「Hanako(ハナコ)」毎月28日発売

 

 

 

年・月で探す
記事カテゴリーから探す
執筆者で探す
キーワードで探す