大槌復興刺し子プロジェクト > スタッフブログ > オンラインでの刺し子講習会

皆さんこんにちは

 

大槌町も7月下旬には暑さも厳しくなり、コロナ感染防止対策に加え、熱中症対策にも気を配り作業に取り組んでいます。その中で、先日刺し子さんへの刺し子講習会が行われました。

刺し子の技術を学ぶため、刺し子講師としてお世話になっている二ッ谷恵子さんに、オンラインによる講習会をしていただきました。

大槌刺し子10周年記念作品のタペストリー企画を一緒に進めてきてくださった、恵子さんの息子さんの淳さんもオンラインに参加してくださり、タペストリー制作することになった経緯やご感想をお話いただきました。

刺し子さん達もタペストリーの刺し子をした時の感想を一人ずつ発表し、恵子さんと淳さんに伝えることができました。

次回は、淳さんが取り組む運針会のメンバーの方々と刺し子さんのオンライン交流会を企画したいと考えています。

 

そして今回の講習会

オンラインが初めてで実際に手取り足取りということが難しい中、恵子さんには主に大事なポイントなどを丁寧に説明していただき、参加した刺し子さん達もメモを取りながらゆっくり針を進めていきました。

 

コロナの影響で外出を控えていたこの時期、この講習会をとても楽しみにしていた新人の刺し子さんがいて、ちょっと緊張気味でしたが、周りの刺し子さんと一緒に楽しみながら作業していたようでした。

 

針目や段落を数えながら、とても真剣な刺し子さんです。

短い時間の中での講習会でしたが、お家でゆっくり図案や順番をおさらいするようです。

恵子さん、淳さんとの交流はゆっくりできなかったのですが、コロナが落ち着いたら必ず大槌に来てくれると約束してくださったので、またその日を楽しみに待っていようと思います。

 

 

 

 

年・月で探す
記事カテゴリーから探す
執筆者で探す
キーワードで探す