大槌復興刺し子プロジェクト > よくあるご質問

よくあるご質問

商品について

刺し子とは何ですか?

刺繍の一分野で、日本に古くからある手芸です。

布を大切に使う為の昔ながらの知恵で、糸を刺すことで布が補強され、丈夫になる効果があります。

青森県津軽の「こぎん刺し」、岩手県南部の「南部菱刺し」、山形県の「庄内刺し子」が有名で、日本三大刺し子と言われています。

大槌刺し子では、伝統柄を取り入れながら、現代的なデザインの刺し子をオリジナルで制作しています。

大槌町の刺し子はどこで買えますか?

インターネットおよび販売店、イベントにてご購入いただけます。

詳細はこちらをご覧下さい。

商品のクオリティは一定ですか?

刺し子さん達の経験もスキルも、一定ではありません。

また、ひとつひとつ手作業のため、クオリティにばらつきがあることは確かです。

事前に検品を行い、商品としてお売りできない仕上がりの物は除外しておりますが、お手元に届いた物でどうしても気になる物があれば、返品を承ります。

到着後1週間以内に、メールにてご連絡ください。

その上で、ご指定の送り先に商品をご返送いただきます。

返品時の送料はお客様のご負担となります。ご了承ください。

ほしい商品が完売していました。予約はできますか?

お問い合わせページから、ご希望の商品と枚数をご連絡ください。

折り返し担当者よりご連絡致します。

友人や知人に配布しようと思います。大量購入は可能ですか?

在庫数に限らず、一つの商品のご注文が20枚以上の場合、お問い合わせページからご希望の商品と枚数をご連絡ください。

折り返し担当者よりご連絡致します。

海外からの購入・発送は可能ですか?

海外対応については、個別にお伺いして対応しております。お手数ですが、お問い合わせページからごご連絡ください。

折り返し担当者よりご連絡致します。

プロジェクトについて

運営団体の「テラ・ルネッサンス」とは、どのような組織なのですか?

「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」を目的として活動する、特定非営利活動法人です。

2001年の設立以来、「地雷」「子ども兵」「小型武器」の問題の解決に向け、取り組んでいます。

東日本大震災を受けて「ともつな基金」を開設し、「遠野まごころネット」と連携を取り、岩手県大槌町をはじめとする被災地への長期的なサポート活動も行っています。

詳細は、下記のサイトをご覧ください。

大槌町が運営しているのですか?

自治体としての大槌町とは、一切関係ありません。

2011年5月に、岩手出身者2名を含む有志5名で「大槌復興刺し子プロジェクト」を立ち上げました。

その後、プロジェクトの更なる発展と拡大の為、2011年8月に「NPO法人 テラ・ルネッサンス」へ事業を譲渡しました。

現在はテラ・ルネッサンスのスタッフと、立ち上げメンバーを含む有志の個人ボランティアで、プロジェクトを運営しています。

「魚(物資)ではなく、釣り竿(お金を得る手段)を届けよう」というのが目標です。

プロジェクトに共感していただいたデザイナーさんやカメラマンさんなど、外部の協力スタッフさんと一丸となって、大槌復興に少しでも役に立てるようにがんばっていきます。

大槌刺し子の取材をしたい。

お問い合わせページからご連絡ください。

折り返し担当者よりご連絡致します。

販売の取り扱いについて

イベントやショップで、刺し子を販売したい。

お問い合わせページからご連絡ください。

折り返し担当者よりご連絡致します。

お店やイベントでの販売例

これまでの出店情報は、旧ブログのイベント情報販売代理店マップをご覧下さい。