大槌復興刺し子プロジェクト > 大槌刺し子について > 刺し子について

刺し子について

刺し子とは

「刺し子」とは、布地を綴り縫いや刺し縫いする針仕事のことです。

かつて貴重だった布地を繰り返し補修し、長く大切に使う生活の過程で発達してきました。特に東北では、厳しい寒さを凌ぐために、布を何枚にも縫い重ねて保温をする独自の技術が広まりました。

それが時代の流れの中で形を変え、糸目を重ねて美しい模様を描き出す刺し子へと変化をしてきました。

藍色の布に白糸で線を描くように刺繍する刺し子が定番であり、その素朴な美しさが目を引きます。生活の知恵から生まれた刺し子は、「用の美」を象徴するものなのです。

各地に残る刺し子

「刺し子」は根付いた地で、独自に発展しています。

日本三大刺し子といわれる刺し子は、青森県津軽の「こぎん刺し」、青森県南部の「南部菱刺し」、山形県庄内の「庄内刺し子」です。こぎん刺しと南部菱刺しは、織布の織り目を数えてそれぞれ偶数・奇数に刺し、模様を作り出していくもので、ぐし縫いを基本とする他の刺し子とは異なる特徴を持ちます。

これ以外にも飛騨高山、秋田、会津など、各地で刺し子文化が見られ、刺し子が施された仕事着や晴れ着も見つかっています。

刺し子の伝統柄と発展

刺し子には数多くの伝統柄があります。

子供の成長を願う麻の葉、人との縁・円満を意味する七宝、無限に広がる吉祥を表す青海波など、どの柄も意味を持ち、願いが込められています。

かつては秋田をはじめ日本各地に花ふきんという風習があり、母が嫁ぐ娘のために、何枚もの木綿の布きんに、様々な伝統柄や祈りをこめた柄の刺し子を施し、嫁入り道具としてもたせたそうです。婚家の家の門をくぐったら、二度と戻れないといわれていた時代に母は思いの丈を針仕事に込めて、娘に伝えました。

もともと収入を得るための仕事ではなく、母が大切な家族のことを思い施した手仕事である刺し子は、このように日々の生活の中で大切な人の幸せを願う思いと共に発展してきました。